イカット

18000余りの島々からなるインドネシアには、200以上の異なった言語を話す民族が住んでおり、それぞれの地域性、独自性によるイカット布が受け継がれてきました。 それぞれの民族にとってこの布は衣類としては勿論の事、冠婚葬祭時の儀礼用としても、大きな役割を果たしてきました。豪華な布を所有することは社会的地位をあらわし、先祖代々受け継がれ、家宝として大切に保管されてきました。 現在、機械生産されたものは、多く出回っておりますが、ここにご紹介させていただくものはすべて手作業で作られたイカットです。綿を紡ぎ、紡いだ糸を機にかけ、糸をすこしずつ括り天然染料で染め、それを乾かした後、括った糸を解くという作業を何度も繰り返し最後に織り上げて模様を描き出します。長い工程を経て織られるイカットは数年かかってやっと一枚を織り上げることができる貴重なものです。

今や、手に入りにくい本物イカット
お部屋でのイカットの使用例

壁に掛けたり、棚上などのクロスやテーブルクロス、ベッドカバーなどに使って頂けます。
木の棒やイカットハンガーなど使って壁に吊るすと雰囲気のあるお部屋になります。

スンバ

スンバ島のイカット

スンバのイカットはインドネシアの織物文化を代表するものです。19世紀にオランダ人によって「発見」され、世界中に注目されました。貴重な染織は神聖な宝物と同様 屋根裏部屋に保存され現在にいたっています。スンバ染織のモチーフには ワニ、ウマ、シカ、ニワトリヘビなどの動物や鳥、首架台、宝石など、またインドとの通商を通して入ってきた布から派生した幾何学文様などから構成されています。階級により使用できるモチーフも違い、それぞれの織り手の人生を語るにふさわしい、すばらしい布です。スンバ島のイカット一覧

 
ティモール島

ティモール島のイカット

ティモール島のイカットはカラフルな縞で装飾されたものが多いのですが、色彩、技法、モチーフ、デザインが多種多様で説明することがむずかしいです。鶏,樫の葉、ブドウの房などポルトガルの影響を多くうけているモチーフもあります。また隔離された村などで織られた布などには独特なモチーフがあり、興味をそそられます。補助縦糸で表わされる明るい色調は輸入品を容易に手にいれることができる海岸部の特徴でもあるようです。ティモール島のイカット一覧

 
フローレス島

フローレス島のイカット

この島のイカットの色調は赤茶色と濃紺色で、モチーフは通常小さい幾何学文様がアレンジされています。ほの暗い、控えめです。その中でも各地方ごとに小さい象や馬などが反復してならんでいたりします。和家具などとも相性の良い、品のあるイカットです。
フローレス島のイカット一覧

 
レンバタ島

レンバタ島のイカット

東フローレス県にあるレンバタ島の原住民が織ったテーブルセンターです。 日本の家具や調度品のサイズにあわせて特別に織ったクロスです。 現地で採った綿花を紡ぎ、現地にある植物の葉、茎、根など植物染料を使ってひとつひとつ丁寧に織っています。すべての工程が手作業で製作されています。 織り手の感性により色を選んでおりますので、ひとつとして同じクロスはありません。 レンバタ島の布色の特長として少し落ち着いた地味な色調ですが、落ち着いたその色は日本家屋にとてもなじみます。

「レンバタ島で織手が自分が織った布を買手に渡すとき、布を自分の額につけてお祈りをしてから渡してくれました。何をお祈りをしているのか聞いてみますと、”この先この布が幸せになるように”と祈っているとのことでした。現地の人達が心をこめて織っていることに感銘を受けました。」
レンバタ島のイカット一覧

 
サウ島

サウ島、ライジュア島、ロティ島のイカット

サウ島のイカットは藍色地に白のモチーフがあり 部分的にサンゴ色が織り込まれています。デザインは帯状になっていて、花や幾何学文様が繰り返されています。ロティ島はインドの交易によってもたらされた花やつぼみなどのモチーフをつかっているものが多いです。濃紺、黄色がかった白、赤、稀に黄色もあります。
サウ島、ライジュア島、ロティ島のイカット一覧

 
スマトラ島

スマトラ島のイカット

スマトラのイカットは幾多の民族による木綿の経絣、絹の緯絣、木綿、絹併用絣など特徴のあるイカットが織られています。インドネシアのイカットは木綿が多いのですが スマトラ島のアチェやパレンバンなどでは絹糸を使用したイカットも織られています。ランプンの織物は一般的に霊船布と呼ばれています。いろいろな文様が浮織りで描かれています。文様は綿糸、絹糸で織り込まれています。
スマトラ島のイカット一覧

 
スラウェシ島

スラウェシ島のイカット

木綿の経絣布が中心のイカットです。儀礼用として用いられるために織られている布が多く、トラジヤのイカットのモチーフは鉤状の幾何学模様の組み合わせが多いです。特に住居、暮らし方特にお葬式など独特な文化が残っている地域で、イカットのモチーフもそれぞれ意味を持っています。
JITAで出しているものはトラジヤ人のイカットのみです。
スラウェシ島のイカット一覧

 

インドネシアの伝統的手織り布

インドネシアの伝統的手織り布であるイカットはマレー語のしばる又はくくるという意味です。イギリスでは布の完成品又はそプロセスを現す言葉として使われました。モチーフを縦糸にもほどこす縦織り、モチーフを横糸にほどこす横織り、縦糸横糸の両方にモチーフをほどこし織りながらモチーフを整えて生み出していくダブルの3種類の織り方があります。全てのくくりとそれに続き染色作業は糸が織られる前に行われます。民族の信仰などにより、島や村ごとに特徴のあるデザインと織りがあります。
ヌサ・トゥンガラ列島の島々(フローレス島、スンバ島、レンバダ島、ティモール島)はインドネシアの伝統的手織り布(イカット)が有名です。

手織り風景とJITAコレクションの中島
手織り風景とJITAコレクションの中島
スンバ島
スンバ島:現地の人の家と手織り場
スンバ島
スンバ島:染色している所
 
スンバ島
スンバ島:染色した糸を干しています。
レンバダ島
レンバダ島:干している所。
フローレス島
フローレス島:手織りしている所。
 
フローレス島
フローレス島。
フローレス島
フローレス島:イカットを広場で広げている様子。
スンバ島
カリマンタン島:ダヤック族の手織り工場。